元彼(元カノ)に対する依存心を本当の意味で消すには?

 

元彼(元カノ)に対する
依存心を本当の意味で
消すには?について解説しますね。

 

復縁においては、
この依存心と
もう1つあるのですが、

 

今回は依存心にたいして
焦点を当てます。


依存心を語る前に…

実は、この冷却期間を
数か月とるというお話は、

 

復縁したい相手に
依存していないように振る舞うテクニックです。
テクニックという視点で見ると…ですね。

 

だから、人によっては

 

依存心ありまくりでも
テクニックを巧みに使えば
やり直せるみたいな感じで言っている人もいます。
要するに、テクニック人間になると…

 

  • 顕在部分:依存心がないようにふるまう
  • 潜在部分:依存心MAX

 

この乖離がうまれるわけです。

 

さて…、依存心のある人が
テクニックだけで攻めた場合どうなるかわかりますか?

 

例えば、

 

  • 1:冷却期間後、短文でメッセージを出した
  • 2:3日後にお返事が来た
  • 3:こっちは、1日後にお返事を出した
  • 4:1日後に好意的っぽい内容の返事が来た

 

さて、だいたいテクニックで語られているのは
スタート序盤くらいまでの無難な流れです。

 

こういう流れだったとして
もし、依存心の克服ができてなかったら、

 

ココから先に、我慢していた感情が爆発して
長文だしたり、ぐいぐいいったりして、
「せっかくのチャンスが終了…」というケースも少なくないのです。

 

さて、依存心がある状態の
症状としましては…

依存心がある人の特徴

  • 相手のLINE画面を毎日眺める
  • 過去のやりとりを毎日眺める
  • 元彼(元カノ)の事を思わない日は1日もない
  • SNSを毎日かかさずチェックしてしまう
  • 毎日、今日の占いを見る習慣ができてしまった
  • 復縁サイトを毎日、チェックしてしまう
  • 元彼(元カノ)のプレゼントを別れてからより大切にするようになった

 

該当する項目が多ければ
多い程、依存心が高いです。

 

元彼(元カノ)に対する依存心を本当の意味で消すには?

 

逆に言えば、この項目が0になったとき
依存心という「やっかいな敵」を
克服できたとも言えます。

 

だから、
冷却期間中に、
これらの症状を止めるようにしていくことが
大事になるという事です。

 

そしたら、テクニックに頼らずとも
無難なイイ感じの行動と対応ができるようになります。

依存心は、完全に悪いものではない

1つ注意しておきたいことがありまして、
失恋して、よりを戻したい状態のときには
「依存心」が、邪魔になるのですが、

 

本当にラブラブの恋愛状態になったときは
「多少はあってよい」ものです。

 

ちなみに、破局の原因が
「依存心」による、「重い」が理由だったら
より普通の人より克服の努力が必要になるのですが、

 

恋愛というのは、多少なりと
お互いに依存しあっている状態なので
依存心を、完全に悪者にまではしなくていいです。

 

アナタがそれだけ
別れた恋人のことを
今でも大切にしている証明でもありますからね。

 

一番、いい状態を語るならば、

 

1人の時間も、2人一緒の時間も
どちらも同じくらい好きで
使い分けができるし、
大切で満たされているような状態になるとベストです。

 

ということは、
この冷却期間の自分磨きの間に

 

1人のフリーの状態でも
それなりに充実した状態を作れれば
「依存心」をほぼ克服できたと思っていいです。

 

 

 

この依存した状態を完全に治療できていないまま
テクニックの部分だけで、なんとかしようとすると、

 

おそらく、どこかでボロがでて
取り返しがつかない事になります。

 

感情のコントロールの1つでもありますが、
これも、復縁における最大の壁の1つだと思いますので…

 

  • 相手のLINE画面を毎日眺める
  • 過去のやりとりを毎日眺める
  • 元彼(元カノ)の事を思わない日は1日もない
  • SNSを毎日かかさずチェックしてしまう
  • 毎日、今日の占いを見る習慣ができてしまった
  • 復縁サイトを毎日、チェックしてしまう
  • 元彼(元カノ)のプレゼントを別れてからより大切にするようになった

 

これらの症状、あるいは、
これに近い行動が、0になるように
冷却期間の間に、努めていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ


 

 


幸せの扉を開く「失恋克服講座」を解禁!


恋愛でうまくいくためにどうしたらいいのかという
相談を数えきれないほど、受けてきて
私の体験談や上手くいった人の事例をまとめたエッセンスを講座という形で解放中!


⇒詳細はこちらをチェック!