復縁のためにブログやサイトの閲覧行動をしまくる(15日目)

 

復縁のためにブログやサイトの
閲覧行動をしまくる(15日目)です。

 

1日1日が何もしないと
もったいないと思い始めて
行動スタートしました。

 

その際考えた方法について
ちょっとお話ししますね。


復縁サイトを片っ端から見る

私の場合は、男性なので
「元カノ 復縁」に関するキーワードを中心に出てくるサイトを
たぶん世の中に存在するサイト
全部見たんじゃないかというくらい調べました。

 

  • 冷却期間の事
  • 復縁の心得
  • メッセージを送る際の注意点

 

いろいろと見てて思ったことがありました。

 

ほとんどのサイトは、
管理人自体が復縁のノウハウを
ただ、端的にまとめただけで、「実践した人じゃないのではないか?」と。

 

例えば、出回っているサイトの
復縁メッセージのやりとりの例で…

 

 

未来チャーロックです。
1通やりとりしたら、
長くて2週間、短くて3日はあけるみたいな話がありましたが、

 

これはかなり後に口述しますけど、
こんなことしてたら、余計に嫌われます。

 

基本となるのは、
付き合ってた際のやりとりの頻度を基本として

 

それよりは、空気を読んで
やりとりのペースを減らすというのがいいでしょうし、

 

万が一、復縁したい相手から
何か質問とかきてたら、
それなりの速さで返すのが
マナーとして当たり前だったりするのです。

 

この出来事を体験で話すのは
もっと先になりますが、
ココでも未来チャーロックのアドバイスということで
書かせていただきました。


 

ただ、世の中に出回っている復縁サイトを見ていると
だいたい同じ方法やテクニックに収束することはわかりましたので、

 

その原理原則には、
従う必要があるなとは思いました。

相手側の立場にたったサイトも見て要チェック!

もし読んでいる
アナタが男性ならば、

 

  • 「元カレ 別れてよかった」
  • 「元カレ 別れたい」
  • 「元カレ しつこい」

 

逆にアナタが女性だったら

 

  • 「元カノ 別れてよかった」
  • 「元カノ 別れたい」
  • 「元カノ しつこい」

 

これらは一例ですが、
相手側の心境にたった立場で
書かれているサイトも見てください。

 

たぶん、復縁サイトを100個見るより
すごーく学べるポイントが多いです。

 

というより、チャーロックは学びが凄く多かったです。

 

ただ、チャーロックはこの時
自分の都合のいいように
こういうサイトも見ていました。

 

「元カレ 別れ 後悔」

 

↑もしかしたら彼女も振って後悔しているんじゃないか、
振った側の立場としての復縁サイトを見ていました。

 

 

もしかしたら、
彼女もそう思ってくれているんじゃないか?

 

そう現実逃避を
こっち側を調べてみていましたが、

 

基本的に「ありえない」と思ってください。
レアケースです。


 

上の方でも書いていますが、
「別れてよかった」系のサイトを見ているとわかるんですけど、

 

「別れる」という決意は
少なくとも相手は、その当時は
「二度とかかわるつもりはありません。」という
意思と覚悟があったのです。

復縁サイトで行動しまくって良かったこと

別れた後に、彼女に連絡を取るという行動を自重できたことです。

 

別れて月日が経ってないのに
相手から連絡がきてしまったら、
それはそれは、相手は気分が害するということがよくわかりました。

 

 

ただ、理性抑えても

 

心が潜在的に
彼女と連絡がとりたい。

 

彼女に考えを考え直してほしいという
気持ちの反動が来てしまって

 

ストレス自体はマッハで、
この葛藤との戦いでした。


 

このとき、チャーロックは短期的な物の見方ではなく
今の我慢が、長期的に見て結果として
良い結果を招くに違いないと思って気持ちを押し殺しました。

 

実際問題、冷却期間的に
突発的なケンカ別れみたいなものでもない限り、

 

どんなに短くても
2か月くらいは必要かなと思っています。

 

実際、約2か月後に彼女は連絡をくれることになるのですが…
これに関しては、まだまだ先の話しになりますが
しっかりと記述していきたいと思っていますので
参考までにです。

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ


 

 


幸せの扉を開く「失恋克服講座」を解禁!


恋愛でうまくいくためにどうしたらいいのかという
相談を数えきれないほど、受けてきて
私の体験談や上手くいった人の事例をまとめたエッセンスを講座という形で解放中!


⇒詳細はこちらをチェック!

コメント

コメントは受け付けておりません