復縁活動中の良い事、悪い事で一喜一憂しないこと

 

復縁活動中の良い事、
悪い事で一喜一憂
しないことが大事になります。

 

嬉しい事がでたら
過剰に喜んでもいいんじゃない?と

 

思う人が
大多数だと思うのですが
そういうわけではないのです。


復縁活動中はとにかくエネルギー枯渇しやすい

失恋して復縁活動をしている人は
まず間違いなくエネルギー枯渇状態になりやすくなります。

 

  • やる気がでない
  • 無気力症っぽい感じになる
  • 何もしていないのに疲れがとれない
  • ポジティブなはずなのに、急激に不安が押し寄せることがある

 

早い話が、復縁活動中
あるいは、失恋して悶々としているときって

 

元彼・元カノの事をただ考えて思うだけで
精神エネルギー、肉体エネルギーを
ひたすら消費し続けている状態なのです。

 

要するに、考えているだけで
何もしなくても、体力を消費し続けているのです。

 

さらに言えば、復縁活動中に
ちょっとでも悪い事が起きようものなら
それに過剰反応して、

 

ドドドドッ」って
エネルギーを消費してしまうので、

 

悪い事に過剰反応しないように
自分自身にエネルギーを大切に溜めるような形で
考えてほしいのですが、問題は良い事が起きた場合です。

「感情」が沸き上がるだけでエネルギーは消費される

落ち込んだり、悲しんだりするのは
辛いしエネルギーが消費されるのは
イメージがつくかもしれませんが、
実は、次の要素もエネルギーを消費します。

 

  • 嬉しい感情
  • 楽しい感情
  • 笑う時に得ている感情

 

例えば、復縁に向けて冷却期間後の
初メールで「元彼・元カノ」が仮に
普通に反応してくれたら、

 

もしかしたら、凄くうれしく高ぶるかもしれません。
でも、この状態になったとき

 

エネルギーはドドドっと同じく漏れていて、
その漏れたエネルギーを
元カレ、元カノが察知するという仕組みです。

 

相手に下心を感づかれやすくなるという面からも
出さないようにするというのはもちろんなのですが、

 

自分自身のエネルギーもまた
大量に消費することになるので、

 

ちょっとやりとりするだけで
すごく疲れて摩耗する症状が出るのです。

 

引き戻し現象に見舞われる(93日目)のお話

 

私の場合は、失恋した当初に近い
引き戻し現象に見舞われることになりました。

 

この時は、反応が来たことで
すごく嬉しくて、エネルギーを物凄く
消費してしまっていたのです。
そもそも、どうすればよかったかというと…

やる気のエネルギーは行動に使うように意識

  • 感情を出さないように心掛ける
  • とにかく行動面に使うように心掛ける

 

精神論に近いことしか言えないのですが、
良い事も、悪い事も起きたとしても
それによって「感情を出して振り回されないようにする」事が大事です。

 

嬉しい出来事だったとしてもです。

 

もともと、復縁活動中は
エネルギーが枯渇しやすいだけに
嬉しい感情で消費してしまうのも、
すごく勿体ないのです。

 

ただし、少し例外があります。

 

嬉しい出来事があって
それを仲のよい知人に話をして共有して
知人もまた、快の心をもってアナタに接してくれたら

 

エネルギーの循環が起きて
逆にエネルギーが増えるという事はありえます。

 

一人で一喜一憂している状態が問題ということです。

 

また、復縁活動中は辛い事の方が
時期によっては多く出る事もあるかもしれません。

 

これもそのまま辛いという感情で終わるのではなく

 

この逆境は成長や幸せに至るステップなんだから
今日も、昨日より何か成長に繋がる行動をしよう!

 

という、この気持ちをもって
1日1日を大切に過ごしてもらえたらなと思っています。
一喜一憂して感情に振り回されないようにしましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ


 

 


幸せの扉を開く「失恋克服講座」を解禁!


恋愛でうまくいくためにどうしたらいいのかという
相談を数えきれないほど、受けてきて
私の体験談や上手くいった人の事例をまとめたエッセンスを講座という形で解放中!


⇒詳細はこちらをチェック!